完全無料でこれなら出来る。Pythonで株価分析 「TA-LibとPlotlyを使ったチャート分析」を解説します。Google Colaboratory(グーグル・コラボラトリー)活用。

Python 最新情報

Google Colaboratory(グーグル・コラボラトリー)上でTA-LibとPlotlyを使えば、株価チャート分析は自由自在です。

【目次】
00:15 ダイジェスト
00:37 動画解説の流れ
00:55 Pythonで金融データーを分析するには TA-Lib
02:11 TA-Libのインストール
03:22 必要なモジュールの読み込み
03:45 株価データーを取得
04:15 TA-Libでテクニカル分析
05:32 Plotlyでローソク足チャートを表示
05:45 テクニカル指標を追加
08:47 テクニカル指標を追加
09:51 まとめ

株価分析をする上で、チャート分析は重要です。
Pythonのチャートは今ひとつと思っていましたが、Plotlyのチャートに出会えて、その考えは一変しました。

株価分析や自動売買(システムトレード)の主役はPythonで決まりでしょう。

◎Google Colaboratoryを始めるには、以下のサイトにアクセスして、Googleアカウントでログインするだけです。

Google Colaboratory

◎関連ブログ

◇自分で作るシステムトレード(旧Trade stationのある生活)

https://tradestation.life/blog/

関連動画へのリンク集もあります。
・Pythonで株価分析
・システムトレード(株式自動売買)

◎参考にさせていただいた書籍やWEB上の情報・動画

◇Pythonではじめるシステムトレード
・発行所:パンローリング株式会社
・著者:守谷博之
・第2刷

◇Python&Colab:TA-Lib でテクニカル分析、Plotly でローソク足の描画
・URL:https://investment.abbamboo.com/trading-tools/google-colab-install-ta-lib/
Google Colaboratory(グーグル・コラボラトリー)でTA-Libを使うなら、最初にご覧いただくことをオススメします。

◇PlotlyとTA-libでテクニカル分析チャートを描く
・URL:https://akatak.hatenadiary.jp/entry/2019/11/23/220836
大変参考になりました。
Pythonコードも一部引用させていただいております。

運営者情報と動画投稿者

◇運営者情報

運営者:ゆたかドットらいふ
所在地:〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11番地2 川崎フロンティアビル4階
お問い合わせ先:info@yutaka.life

ホームページ:https://yutaka.life/lp/webmaster/

◇動画投稿者

ゆたかドットらいふ 編集部 あしお ゆたか

株式投資歴は21年以上の、個人投資家です。
(運用スタイルはシステムトレード中心)
プロの投資手法は大変参考になります。
しかし、プロの投資手法を学んでも、プロでない人が完全に再現する事は難しいでしょう。
株式投資初心者向けに、個人投資家ならではの投資術やコツなども、紹介します。
皆さん一緒に、日本のシステムトレードを盛り上げましょう!

Twitterアカウント:@yutaka_ashio

◎本動画における留意事項

・主に動画投稿者の主観に基づく内容であり、特定の銘柄の売買を推奨・投資の勧誘を目的としたものではありません。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

・動画投稿者は、情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

・リンクやバナーによって、動画投稿者管理以外の動画やホームページに移動される場合があります。移動された先の動画やホームページは当動画投稿者が関与・運営するものではございません。よって、その内容の真偽等につきましては、責任を負いかねますのでご了承下さい。

・将来の予測等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報はあくまで予測であり、その時々の状況により変更されることがあります。なお、変更があった場合でも動画投稿者は当該記事や資料を改訂する義務を負いかねますのでご了承ください。

コメント